しみ・くすみ・メラニン

紫外線対策(UVケア)を行う人の多くはその目的として、しみやくすみなどお肌のトラブルに対する為の美容を掲げているのではないでしょうか。

紫外線量が多く、メラニンが作られやすい沖縄や鹿児島など南の地域の人は、紫外線量が少なくメラニンが作られにくい北海道や青森などの北の地域の人と比較して、しみやくすみが目立つ傾向にあります。

また、農業や漁業のように紫外線を浴びる機会が多い人もシワが深かったり、しみやくすみが多かったりします。

このように紫外線としみくすみはメラニンが原因となっています。

紫外線を大量かつ長期間に渡って浴び続けることでメラニンが作られていきます。

その為、将来的に日焼けがしみやくすみ、しわに繋がる可能性が高くなってしまうのです。

過剰に作られたメラニンは、その出来た場所で色素沈着をさせてしみやくすみの原因となる、と言うことなのです。

そのようなことにならないようにする為には、まずなるべく紫外線を浴びないように心掛けるようにしましょう。