紫外線とメラニン、しみ・くすみの関係

紫外線を浴びるとメラニンが作られます。

このメラニンが肌の色を黒くしますが通常であればメラニンは、肌のターンオーバーによって抜け落ちて黒くなった肌も元通りです。

しかし紫外線を大量もしくは長期間浴びる環境にいると、メラニンが過剰に作られてしまいます。

過剰に作られたメラニンがくすみやしみの原因になるのです。

紫外線を浴びてからくすみやしみが出来るまでの流れを簡単に表すと、次のような感じになります。

大量の(もしくは長期間)紫外線を浴びるとメラニンが過剰生成される→大量の紫外線により真皮にまでダメージが及び色素沈着を起こししみやくすみになる。

このメラニンを作る能力は遺伝子的に決まっている為、紫外線を浴びても赤くなるだけの人はメラニンが出来にくい=しみやくすみが出来にくい人です。

しかしメラニンは肌細胞を紫外線から守る働きを持つ為、しみやくすみは出来にくくとも皮膚癌になるリスクが高いということなので、注意が必要です。